記事一覧

良いクランの育て方。やっぱり、「努力」と「運」が大事。

こんばんは、なってぃんがむのmonakomです(^-^)/


なってぃんがむは、さっき初の30人対戦を終えました。(勝ちました。詳細は後日書きます)

ここまで来るのに約3ヶ月半。長いような短いような。

最初は早上げのTH9と恐れを知らないTH8のドララ勢によるチッポケなクランでしたが、今ではみんなが星6を目指してガチで戦うクランへと成長しました。

せっかくなので、これからクランを作ろうとしている方、作ったばかりの方のためにアドバイスをしてみようと思います。



◆良いクラメンを集め、良いクランを育てるために必要なこと。





グロチャ勧誘は当てにならない。時間の無駄になることが多い。


思い返すと、グロチャから来て定着した良いメンバーはいません

初期はとりあえずグロチャで名を売るのがいいと思っていましたが、やはりグロチャ勧誘は難しいです。(リーダーがチャンピオンだったら、また違うかもしれませんが)

また、私の場合は勧誘をしに行ったつもりが気づいたら雑談に加わって無駄な時を過ごしてしまうことがよくありました。

なので、グロチャ勧誘は本当に集まらない時、程々にするのがいいと思います。(現在はグロチャはほとんどしていません)


クランブログをはじめる。そして、Twitterで呟く。


最近の申請者の多くは、このブログを経由してやってきています。

だまされたと思ってブログを始めてみてください。そして、定期的に更新しましょう。(理想は毎日更新ですが、強い意思が必要です。笑)

ブログを書くのは、誰でも出来ます。小論文とかじゃないので、気軽に適当に始めればいいと思います。

やっているうちに、だんだんと楽しくなってきて、凝るようになって、逆にクラクラをやる時間が減ってきたら……あなたは立派なクラクラブロガーです。(笑)



「ブログは面倒くさいなぁ」という方は、クランのTwitterを作ることをオススメします。

親切な方が多いので、助っ人を頼んだり宣伝してもらったりするのに活用するといいと思います。

ただ、Twitterで失礼な発言をしたり暴言を吐いたりすると、悪い印象が付いてしまうので気をつけましょう。


放置、ルール違反者は容赦なくキックすべし。


クラメンを増やしたいという思いのあまり、問題のあるクラメンを野放しにしておくと、他の良いクラメンにとっては悪い環境になってしまいます。

なってぃんがむが中々メンバーを増やせなかったのは、小まめにキックをしていたからです。

木を大きく健やかに育てるためには、「ひこばえ」を思い切って剪定しなければいけません。同様にクランが大きくなるためにも、キックが必要です。


人事を尽くして天命を待つ。最後は「運」。


やるだけやったら、あとは運命に任せるしかありません。

なってぃんがむの現在のエースは、ふらっと何の前触れも無しに入ってきた人たちです。

その頃は、このブログも大して人が来ていなかったですし、勝利数も少なくトロフィーもシルバーだらけでした。来るときは来るんです。逸材が。



とにかく、「今いるクラメンにとって良いクランであることを大切にする」。焦っても仕方ないので、地道に行きましょう!


そんな感じで、今日もなってぃんがむは頑張ってます。




ここまで読んでくださり、ありがとうございました。今日はドット三昧で壁が塗れてないです。


ではまた。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

monakom

Author:monakom
なってぃんがむ

2014年11月23日、ドララ全盛期のりゅーじ、ジャイウィズ使いのアース、ペッカ愛好家monakomを中心に常勝クランを目指して設立。(詳しくはカテゴリ「なってぃんがむ」をご覧ください。)
ブログ等広報はサブリーダーのmonakomが担当しています。よろしくお願いいたします。
クランルールはカテゴリー「クランルール」の最新記事をご確認ください。

リンク

Twitterタイムライン

検索フォーム