記事一覧

紅白戦のつくり方。(※意外と簡単、最後は運です)

こんばんは、なってぃんがむのmonakomです(^-^)/


Twitterで数人の方から「紅白戦どうやってやったんですか? 教えてください!」と聞かれまして、私としても一度まとめて書いておいていいかもしれないと思った次第です。




【注意書き】

・本部と支部に分かれている場合で書きますが、一つのクランを分けてやる時でも一緒です。

・初めてやってたまたま上手くいっただけかもしれません。ご了承ください。

・とはいえ、たった3分でマッチングしたということから全くの嘘でもないと思います。少しでも皆さんのお力になれれば。

・マッチング係数は計算しません。



クラン対戦の並び順からペアリングを作成します。


最も最近のクラン対戦を参考にペアを作ります。
というわけで、まず参戦している人の中でいいペアになりそうな人を上から順に拾っていきます。

ここではTHをまたいだペアなどは作りません。そこは後で調整します。

また、対戦に出ていなかったメンバーを村の熟成度とユニットレベル、ヒーローレベル等をなんとなくみつつペアにします。(序盤・中盤・終盤くらいの分け方で十分です)

参戦ペア、不参戦ペアが出来たら、それぞれで余ってしまった人からさらにペアを作ります。


実際その作業を行った時の紙がこちらになります。





上の紙が無印のペアリング、下の紙が2ndのペアリングです。(横に並んでいるのがペア)

こういう風に書いていくとペアとクランが同時に出来ていくのでわかりやすいです。

一番右の列には不参戦だった人(対戦順位不明の人)を並べてさらにペアを作っています。
TH7のはしごさんとnoahさんのように各クランであぶれてしまった人でペアになりそうな人もペアにしていきます。



ひとりぼっち(ペアのいない人)をなくし、THの数を出来るだけそろえます。


私の経験上、TH7から下は大して差がありません。皆さんもTH5の同番がTH7だったなんて経験はありませんでしたか?

なので、厳密に数をそろえるのはTH8以上でいいと思います。さらにTH9から上は序盤・中盤・終盤の数が揃うのがベストです。


TH9における序盤・中盤・終盤の考え方は、

序盤→クロスボウが建っていない、もしくは1つ(マッチング順位では、弱クロスボウ2つ>強クロスボウ1つであることに注意)

中盤→クロスボウが2つ。他の施設もそこそこ育っている。

終盤→クロスボウが育っていて、他の施設がカンストに近い人。


また、TH10序盤(IT未建設)とTH9カンストの人なども実質同じくらいなのでペアにしました。


エースやへたっぴを分散させます。


せっかくの紅白戦、どちらかが圧勝してしまうと面白くありません。なので、ペアをクランに振り分ける際に上手い人や下手な人(不調の人)が偏らないようにすべきです。

接戦になりそうな感じに。



新規クランを2つ作り、みんなに移動してもらいます。


クランレベルはマッチングと関係ないと言われていますが、本部・支部でクランレベルに差がある場合公平を期すため新しく作ることをオススメします。

せっかくペアリングが上手くいっても全員が移動しなければ何の意味もありません。お互い協力しあって集まりましょう!

クラクラ内だけで移動作業をするのは大変なので、ブログやTwitter、Lobiなどを活用するといいと思います。



開戦ボタンを「せーの」で押します。


集まったら後はマッチングです。マッチングしやすい時間帯に関してはよくわかりません。

なってぃんがむでは普段通り金曜日の夜10時にしました。私がモタモタしたので10時2分くらいだったと思います。(笑)


幸いリーダーと私はリアルでの付き合いがありますから、実際に隣で「せーの」と言って押しました。

ただ、普通はそうはいかないと思うので同じ人が本アカとサブアカで同時押しするのがベストと思われます。対戦に参加していない人でもリーダーであればマッチング開始出来ますからね。



対戦者リストの表示タイミングは関係なさそうです。


マッチングを開始してしばらくすると対戦参加者のリストが表示されますよね。

なってぃんがむAの方はこのリストがわりとすぐに表示されましたが、Bは1分かそれ以上経ってからやっと表示されました。

このリスト表示のタイミングが合っている方がいいらしいという噂もありますが、そこまで気にしなくて良さそうです。



長時間かかるようならやり直した方がいいかもしれません。


これもまだ言い切れませんが、15分程度を目安にマッチングしなかったら再度やり直した方が良さそうです。

今回3分でマッチングしたということは、上手にクランが作れていたということだと思います。よかったです。

THの構成が特殊であればある程上手くいきやすいとは思うので、TH10オンリークランなどはかなり厳密にしないとダメかもしれません。


最終的には、運かも。


ポーラが祈ってギーグを倒したように、最後はみんなの気持ちがマッチング成功へと導いてくれます。(たぶん)

人事を尽くして天命を待つ。それが紅白戦。

祈っても「ダメでした……」な時もあるかもしれません。でも、諦めなければきっといつか……!



まだ1度やって1度上手くいっただけなのですが、今回の紅白戦が出来るまでをご紹介しました。少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。




ここまで読んでくださり、ありがとうございました。ここのところ、紅白戦尽くしですみません。(笑)

対戦お疲れ様でした。本当に楽しかった!結果はまた後ほどまとめます。(魅せプレイ賞どんどん推薦してくださいね)


ではまた。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

はるさんのth10攻撃に一票( ̄▽ ̄)

Re: No title

にだるさん、おはようございます(^-^)/



紅白戦にご協力いただき、ありがとうございました。楽しい紅白戦が出来ました!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

monakom

Author:monakom
なってぃんがむ

2014年11月23日、ドララ全盛期のりゅーじ、ジャイウィズ使いのアース、ペッカ愛好家monakomを中心に常勝クランを目指して設立。(詳しくはカテゴリ「なってぃんがむ」をご覧ください。)
ブログ等広報はサブリーダーのmonakomが担当しています。よろしくお願いいたします。
クランルールはカテゴリー「クランルール」の最新記事をご確認ください。

リンク

Twitterタイムライン

検索フォーム