記事一覧

【TH9】ペッカゴリ押し戦術Gowivapeで確実に星2をとろう!

こんばんは、なってぃんがむのmonakomです(^-^)/


なってぃんがむは対戦ガチクラン。全員上手くて、向上心があって、クラクラ大好き軍団です。

なので、「星2とろう!」とか言うとすごくクラクラ意識低い系です。(ガチ対戦2連チャンでかなり精神を消耗しています、だからペッカの記事を書いて癒されようとしています笑)

でも、「不安な星3よりも、確実に星2」を選択しなきゃいけない局面ってないわけではありません。星3の可能性をバッサリ切り捨てなきゃいけない時が。(こないだの9スペ戦のように)

というわけで、皆さんにとって役に立つのかはよくわかりませんが、私のメモ書きのような形でGowivapeについて書き記しておきたいと思います。

※ピンチの時にGowivapeを提案してくれたno-bullさん、ありがとうございます。



Gowimomo

【構成】



(ユニット)
・ペッカ×2
・ゴーレム×2(1つは援軍)
・バルキリー×2~6
・ウィザード×10以上(サイドカット用)
・援軍釣り出し用ユニット(ジャイアント、ホグライダーなど。釣り出さない場合不要)
・50%調整用ユニット(アチャ、ガーゴイルなど)


(呪文)
・ヒール×2
・レイジ×1
・ジャンプ×1
・ポイズン×1

ペッカとゴーレムだけ固定で、後は配置や戦術に合わせて変えていく必要があります。

私はGowiva系をやる際、援軍を極力釣り出す派なので釣り出す用ユニットを連れて行きます。(気持ち多めに)

星2戦術では裏ユニットが一切必要ないため、ウィザードやアチャガゴを増やしてさらに星2を確実にしていきます。

WBは入れていませんが、これは大抵星2を狙わなきゃいけないようなベースの壁がレゴまたは火壁であるためです。

開けるのに3体もWBを消費するのでジャンプで中心に入れるようなら要りません。(単に私が穴開け下手くそというのもあります……あります……!)


【やり方】

全壊対策配置の場合、THがどちらかに偏っているのでTH側から攻めます。普通の配置の場合は援軍釣り出しなどに配慮しやりやすい側から。



クラメンの配置を拝借。こういうのが全壊対策配置です。星2を取ることだけを考えると簡単です。やり方は名前の通りGowipeとGowivaの合いの子みたいな感じ。


釣り出し

援軍処理

ゴーレム、後ろからウィザード

サイドカット後バルキリー、ヒーロー、ペッカを投入、ジャンプで中心部へ

中に入ったらレイジ、バルキリー周辺にヒール

THは中心部隊が破壊するので、50%狙い用のユニットで周辺施設を削る。

星2つゲット。


やってみると、かなりあっけなく星2取れてしまいます。全壊するのはかなり難しいベースでも、星2ならわりと簡単なんです。驚き。



バルキリーはそれましたがペッカは中に入りました。どちらか入ればなんとかなります。それたバルキリーは周辺施設を壊してくれるので無駄にはなりません。


なので、ガチクランでは星2じゃ物足りないなーという雰囲気になるわけです。やってみるまでわからなかったのですが、カンストTH9から星2より中盤TH9から星3の方が全然難しいです。

ペッカはTH9じゃいらない子ポジションになっていますが、格上から確実に星2確保する時には強い味方になります。不条理マッチングの際は使ってみてください。



今、当ブログでは「ペッカイラストコンテスト」を開催しています。まだ投票されていない方がいらっしゃいましたら、ぜひ。

寄せられたコメントを読んでいるとなかなか面白いです。(笑) 結果をお楽しみに!




ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

最近日本戦と赤屋根戦ばかりなのでなかなか動画が撮れなくて困っています。(笑) ガチ対戦とゆる対戦の落差が激しいのがTH9限定クランの面白いところです。haruさんいるけど

Elite EightはGowipe大好きなようです。ガンガン攻めてきて楽しい。


ではまた。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

なんか見たことある配置だった(*ΦωΦ)
特になんかしたわけじゃないけど嬉しい😃

Re:

テツヤさんこんばんは(^-^)/


勝手に使ってしまいましたっ( ̄▽ ̄)
ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

monakom

Author:monakom
なってぃんがむ

2014年11月23日、ドララ全盛期のりゅーじ、ジャイウィズ使いのアース、ペッカ愛好家monakomを中心に常勝クランを目指して設立。(詳しくはカテゴリ「なってぃんがむ」をご覧ください。)
ブログ等広報はサブリーダーのmonakomが担当しています。よろしくお願いいたします。
クランルールはカテゴリー「クランルール」の最新記事をご確認ください。

リンク

Twitterタイムライン

検索フォーム